アサヒビール:中條名誉顧問の話から<日露戦争勝利に隠された準備万端

1904年から1905年にかけて戦われた日露戦争では、勝利したことだけが取り上げられていますが、その裏では次のような用意周到さがあったことを中條名誉顧問の話で知りました。 一番重要なポイントは、小が大に勝つための戦略。長期戦ではかなわないから、短期に戦いをおさ… 続きを読む

後始末が大事:倫理研究所法人スーパーバイザーの話から

中学生に靴を揃えることの大切さを教えるのに、次のようなやり方をしている。集会室から裸足で外に出てもらい、少しの間裸足で歩いてもらう。その後で、集会室に入り感想を述べてもらう。そうすると、靴がないと足が痛くなって歩きづらいなど色々の感想が出てくる。 靴がないこと… 続きを読む

図書館の対応について;NHKラジオ放送内容から

先日、車の運転中NHK(AM)ラジオ放送から、図書館の職員の対応が大変良くていつも利用していると言う方の投書を聞きましたので、皆さんにもお伝えします。 ○○市の図書館は建物が古いので、見栄えは良くない。がしかし、職員の対応が良いのでいつも利用しています。 本を… 続きを読む

経営者の原点は何か?:倫理法人会モーニングセミナーから

倫理法人会は、経営者の集まりですから、経営者の原点は何か?ということですが、「致知」の巻頭言に京セラの稲盛さんが経営には二つの方法があると言っています。 一つは、王道であると。王道とは、「徳」である。徳とは、仁(人の喜びはわが喜び)、義(ものの道理)、礼(礼儀… 続きを読む

芸能界は、努力が2割、運が8割;あるボイストレーナーの話から

木更津市のNPOで知り合ったボイストレーナーの方が、先日「芸能界は、2割が努力、運が8割だ」と言っていました。柳生家の家訓「小才は、縁に出会って縁に気づかす。中才は、縁に出会って縁を活かせず。大才は、袖摺り合う縁をも活かす」に何か通じるものがあると思いました。… 続きを読む